女性用で良い養毛料の選び方は?

養毛料の種類は多くなってきていますが、育毛剤ランキングなどを見てみると結構5〜7製品がランクインしていて定評のある養毛料いうのは数が少ない傾向にあるかもしれません。

 

やはり効果が期待できる製品ではないとなかなかランキングにも入ってこないのでしょう。

 

養毛料でも育毛成分が配合されていますが、主に医薬部外品でのセンブリエキスが配合されていることが多いです。

 

センブリエキスでは育毛でも血行促進効果が高いのが知られています。血行促進という面で血管拡張作用があるという面もあります。

 

例えば、アルコールを飲むと血管が広がりますが、湿布した時にセンブリエキスでは血行が促進されて頭皮の硬さが解消されやすいというのはあると思います。

 

やっぱり女性の抜け毛対策では頭皮ケアも大事なので、養毛料を使用しながらしっかりマッサージしていくとよいでしょう。

 

養毛料を選ぶときは血行促進できるのを選ぶ

ですので養毛料を選ぶときは血行促進作用があるのを選ぶとよいでしょう。

 

また刺激性も発毛効果が期待されていますが、エタノールなど刺激性が高い養毛料では、日々使用するという点では頭皮が荒れてきやすいので刺激性で発毛する養毛料よりも無添加で刺激が少ないほうが頭皮の荒れも少なくなり、抜け毛も減りやすくなります。

 

オウゴンエキス配合の養毛料も魅力的

また最近では育毛剤でもオウゴンエキスが配合されていますが、男性ホルモンの働きを抑えたりする役割があります。体毛は毛髪が薄くなるのと逆に男性ホルモンが多いと毛が多くなると言われています。

 

オウゴンエキスは女性用の抑毛剤などに使用されていて抑毛効果があると言われています。育毛にとっては逆で男性ホルモンの働きを抑制してくれるので、毛髪の成長を助けてくれる働きがあります。

 

このように養毛料ではセンブリエキスなど血行促進作用のある成分を選ぶのと、刺激性が少ない、オウゴンエキスなど配合されているのを選ぶとよいでしょう。

 

また女性用育毛剤でも刺激性が抑えられた使用しやすい育毛剤も多いので使用してみてはどうでしょうか。

男女別の養毛料の主な違いは?

抜け毛や薄毛などの髪のトラブルに養毛料を使用する方もいるようですが、この養毛料には女性用と男性用があることを知っておきましょう。

 

養毛料に女性用と男性用があるのは、同じ脱毛でも女性と男性とでは原因が違うためです。男性の脱毛に多いのが男性型脱毛症で、男性ホルモンが原因と考えられており、頭頂部や生え際から薄くなるのが特徴です。

 

一方、女性の脱毛は老化や生活習慣が原因であることが多く、頭頂部や全体的に薄くなっていく傾向が強いのが特徴です。

 

男性型脱毛症はひとつの毛穴から生えているすべての毛が細くなり、最終的に生えなくなりますが、女性の脱毛は毛穴から生えている毛が徐々に1本ずつ細くなっていきます。

 

男女別に脱毛に違いがあるため養毛料に配合されている成分が違う

女性と男性の脱毛に違いがあるため、育毛剤も女性用と男性用では入っている成分が違うのです。具体的にいうと、女性用の育毛剤には髪の栄養となる成分や保湿成分、美容成分などが配合されているのに対し、男性用の育毛剤には男性ホルモンを抑制する成分をメインとして、血行を促進する成分や髪の栄養となる成分などが含まれています。

 

とはいえ、女性が男性用を、男性が女性用を使ってはだめなのかというと、そういうわけではありません。

 

成分にあまり違いがないものもあります。ただ、女性用は男性用より香りに気を配ったものであったり、美容成分にこだわっているものが多いので、女性なら女性用を選ぶ方が無難かもしれません。

 

性別で考えるより配合されている成分で養毛料を選ぶ

おすすめは、男性用女性用と性別で考えるのではなく、配合されている成分で選ぶことです。

 

特に女性は男性より育毛効果が出やすいと言われているので、効果的な成分が入っている養毛料を選ぶのをおすすめします。

 

また養毛料だけに頼るのではなく、毎日のシャンプーを見直すこともおすすめします。

 

頭皮環境を整えることが育毛の第1歩です。髪や頭皮に優しいシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

養毛料と相性の良いシャンプーにすれば、養毛料の効果もアップするでしょう。

女性にも良い育毛剤の1つチャップアップ

チャンプアップは育毛剤でも育毛成分が数多く配合されていますが、監修したのは医師であるというのがやはり信頼性が高いということも人気となっている理由にはあるのかもしれません。

 

国際抗老化再生医療学会理事長でもある松山淳医師が監修しているというのが医師の中でもしっかりと実績を出されているというところが信頼性の高さが伺えます。

 

【抜け毛はエイジングのサインでもある】
育毛でも抜け毛というのはある意味エイジングのサインでもあり、育毛はエイジングケアでもあるので、女性だと馴染みのある言葉ですが、男性だと育毛がエイジングケアのひとつになってくるでしょう。

 

アンチエイジングや統合医療でも活躍している方でもあるので、育毛に必要な成分を医学的観点からしっかりと見て配合されているというのも大きなポイントの1つだと思います。

 

育毛剤を使用するというかたで多いのは、他の人からの視線という面が一番気になるというのがあるのかもしれません。

 

育毛剤も定期的に使用しないと効果が出ない

育毛剤自体は安いものでもないですし、定期的に使用しないと効果がでないことは知られていると思います。

 

そして確実に効果が出るというわけでもないので、育毛剤を試してみようと思うのはためらいなどがあるのかもしれません。

 

そういった時は医師が監修しているような育毛剤から使用していくほうが信頼度が高い傾向にはあるので良いと思います。

 

自分にあった育毛剤を選ぶというのは大切ですが、自分に合うというのが難しいので、まず最初は刺激が少ない育毛剤を選ぶと良いと思います。

 

刺激の少ないシャンプーに変えるのも育毛に良い

そしてシャンプーも刺激の少ないのに変えていくというのが育毛剤の浸透にも関係していくのでシャンプー自体も変えていくというのがよいかもしれません。

 

市販系のシャンプーから頭皮ケアの成分が豊富な植物性が原材料になっているシャンプーを選ぶとよいでしょう。頭皮に赤みがあったりニキビがあったりすると特に刺激につながりやすいので、頭皮環境を整えるシャンプーを使用していくとよいでしょう。

 

特に最近ストレス社会と言われていますが、頭皮の湿疹も増えてきているようです。そんな時も頭皮の湿疹をケアする馬油シャンプーを使用していくと刺激が少なく頭皮ケアもできるし、抜け毛予防にもつながるので良いです。

 

 

良い養毛料の選び方!女性用の徹底解説ガイドめにゅ〜

抜け毛情報

女性に評判の育毛剤選び方